依頼先を選ぶ

木の壁

家の周りをチェックする

ハチには巣を守る習性があります。そして、巣に近付くと刺されることがあるでしょう。ですから、巣に近付かないようにすれば、刺されないというメリットが生まれるでしょう。最近ではキイロスズメバチが人家の軒下に巣をつくることが多くなっています。軒下にキイロスズメバチの巣があるとはわからずに、刺されるケースもあります。どこの家でもそのようにハチの巣がつくられることはあるのです。ですから、日ごろから家の周りをチェックすることも大事になってきます。時期では夏から秋にかけて一番注意してみるといいでしょう。もし、キイロスズメバチの巣があれば、近づかないようにしてハチ駆除業者に駆除してもらうことが一番いいでしょう。

生態系への配慮をする

キイロスズメバチが住宅街に進出してくるようになり、この蜂による被害が最も多く報告されているのです。これにともないハチ駆除業者もふえています。それぞれの駆除業者が特徴を持っていますので、よく調べて自分にあう業者を選ぶといいでしょう。住宅に蜂の巣がつくられた場合、駆除するための作業スペースが狭すぎることがあって、建物を壊して駆除する業者もいます。でも最近では、駆除の技術もあがり、そのようなことをしなくても大丈夫な業者もあらわれています。家が壊れたら修理代もかかるので、なるべく壊さないでいてほしいものです。ハチ駆除業者も蜂を駆除しない時があるのです。生態系の配慮から、そのまま生かしてあげることを選択するのです。