依頼を迅速にする

古い家

生態系へ配慮する業者

スズメバチも人の生活圏で活動するようになりました。それは自然の減少とともに、住む場所を人家や市街地へと移していったからです。とくにキイロスズメバチは人家の軒下などに巣をつくる習性があるので、人と接する機会がおおくなっています。そのため、ハチの中で一番多く人に危害をくわえています。ハチ駆除業者もよく住宅街で、この蜂を駆除することが多くなりました。キイロスズメバチは気性が荒く危険なので、駆除をする必要がありますが、最近では駆除しない業者も出てきています。ハチ駆除業者が、そのまま蜂の巣を放置していても安全であると判断した場合、家主と相談してそのままにすることがあります。生態系への配慮に取り組む業者も出てきています。

自治体にも聞いてみること

日本でハチに注意するといえば、ほとんどがスズメバチでしょう。おおよそ16種類のスズメバチが生息していますが、有名なものはオオスズメバチとキイロスズメバチになるでしょう。オオスズメバチは山の土の中に巣をつくるので、行楽シーズンなどで山にいかない限り接することは少ないのではないでしょうか。それに比べ、キイロスズメバチは人家の周りで生活することが多くなっているので、よく見かけるようになってます。巣も人家の軒下につくられることが多いので、見つけたらすぐにハチ駆除業者を呼びましょう。最近では自治体もハチ駆除業者を派遣してくれるところもあるので、聞いてみるといいでしょう。また、業者の紹介もしてくれることもあります。